Rapt blog.

RAPT Article157(2017/3/25)

God

RAPT | RAPT有料記事157(2017年3月25日)神様を一筋の心で愛してこそ、人は真に幸福になれる。 (rapt-neo.com)

---------------------

(マタイによる福音書6章25〜34節)

 Matthew 6, 25-34

それだから、あなたがたに言っておく。

 Therefore I tell you, do not be anxious about your life,

何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。

What you will eat or what eat or what you will drink, nor about your body, what you will put on. Is not life more than food, and the body more than clothing?

命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。

空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。

 Look at the birds of the air; they neither sow nor reap nor gather into barns, and yet your heavenly Father feeds them. Are you nor of more value than they?
あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。

And which of you by being anxious can add a single hour to his span of life?

また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。

 And why are you anxious about clothing? Consider the lilies of field, how they grow; they neither toil nor spin,

しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。

 Yet I tell you, even Solomon in all his glory was not arrayed like one of these.

きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。

into the oven, will he not much more clothe you, O you of little faith?

だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。

Therefore do not be anxious, saying, ‘what shall we eat?’ or’ what shall we drink?’ or ‘what shall we wear?’

これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。

For the Gentles seek after all these things, and your heavenly Father knows that you needs them all.

あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられる。だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。

But seek first the kingdom of God and his righ-teousness, and all these things will be added to you. “Therefore do not anxious about tomorrow, for tomorrow will be anxious for itself. Sufficient for the day is its own trouble.

---------------------

(伝道の書12章8〜14節)

Ecclesiastes 12  8-14

伝道者は言う、「空の空、いっさいは空である」と。

Vanity of vanities, says the Preacher; all is vanity.

さらに伝道者は知恵があるゆえに、知識を民に教えた。彼はよく考え、尋ねきわめ、あまたの箴言をまとめた。

Besides being wise, the Preacher also taught the people knowledge, weighting and studying and arranging many provers with great care.

伝道者は麗しい言葉を得ようとつとめた。また彼は真実の言葉を正しく書きしるした。

  The Preacher sought to find words of delight, and uprightly he wrote words of truth. The words of the wise are like goads, and uprightly he wrote words of truth.

知者の言葉は突き棒のようであり、またよく打った釘のようなものであって、ひとりの牧者から出た言葉が集められたものである。

The words of the wise are like goads, and like nails firmly fixed are the collected saying; they are given by one Shepherd.

わが子よ、これら以外の事にも心を用いよ。多くの書を作れば際限がない。多く学べばからだが疲れる。

My son, beware of anything beyond these. Of making many books there is no end, and much study is a weariness of the flesh.

事の帰する所は、すべて言われた。すなわち、神を恐れ、その命令を守れ。これはすべての人の本分である。

 The end of the matter; all has been heard. Fear God and keep his commandments, for this is the whole duty of man.

神はすべてのわざ、ならびにすべての隠れた事を善悪ともにさばかれるからである。

  For God will bring every deed into judgement, with every secret thing, whether good or evil.

---------------------

(箴言3章5節)

 PROVERBS 3  5

心をつくして主に信頼せよ、

 Trust in the LORD with all your heart,

自分の知識にたよってはならない。

 And do not lean on your own understanding.

---------------------

(箴言16章9節)

 PROVERBS16  9

人は心に自分の道を考え計る、

 The heart of man plans his way,

しかし、その歩みを導く者は主である。

 But the LOAD establishes his steps.

---------------------

(マタイによる福音書22章37〜38節)

 Matthew22 37-38

イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。

 And he said to him,” You shall love the Lord your God with all your heart and with all your soul and with al your mind.

これがいちばん大切な、第一のいましめである。

 This is the great and first commandment.

---------------------

(創世記3章1〜7)

さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。

 Now the serpent was more crafty than any other beast of the field that the LORD God had made.

へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。

 He said to the woman, “ Did God actually say, ‘You shall not eat of any tree in the garden’?”

女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。

 And the woman said to the serpent, “We may eat of the fruit of the trees in the garden,

But God said, ‘You shall not eat of the fruit of the tree that is the midst of the garden, neither shall you touch it, lest you die.’”

へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。

 But the serpent said to the woman,” you will not surely die.
For God knows that when  you eat of it your eyes will be opened , and you will be like God,

女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。

 So when the woman saw that the tree was good for food, and that it was a delight to the eyes, and that the tree was to be desired to make one wise, she took of its fruit and ate, and she also gave some to her husband who was with her, and he ate.

---------------------

(ピリピ人への手紙4章11〜12節)

わたしは乏しいから、こう言うのではない。わたしは、どんな境遇にあっても、足ることを学んだ。

 Not that I am speaking of being in needs, for I have learned in whatever situation I am to be content.

わたしは貧に処する道を知っており、富におる道も知っている。

 I know how to be brought low, and I know how to abound. In any and every circumstance, I have learned the secret of facing plenty and hunger, aboundance and need.

わたしは、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に処する秘けつを心得ている。

 I can do all things through him who strengthens me.

---------------------

(コリント人への第一の手紙5章9〜13節)

 1CORINTHIANS 5  9-13

わたしは前の手紙で、不品行な者たちと交際してはいけないと書いたが、それは、この世の不品行な者、貪欲な者、略奪をする者、偶像礼拝をする者などと全然交際してはいけないと、言ったのではない。

 I wrote to you in my letter not to associate with sexually immoral people-
not at all meaning the sexually immoral of this world, or greedy and swindlers, or idolaters,

もしそうだとしたら、あなたがたはこの世から出て行かねばならないことになる。

 since then you would need to go out of the world.

しかし、わたしが実際に書いたのは、兄弟と呼ばれる人で、不品行な者、貪欲な者、偶像礼拝をする者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪をする者があれば、そんな人と交際をしてはいけない、食事を共にしてもいけない、ということであった。

 But now I am writing to you not to associate with anyone who bears the name of brother if he is guilty of sexual immoral or greed, or is an idolater, reviler, drunkard, or swindler- not even to eat with such a one.

外の人たちをさばくのは、わたしのすることであろうか。

あなたがたのさばくべき者は、内の人たちではないか。外の人たちは、神がさばくのである。

 For what have I do with judging outsider? Is it not those inside the church whom you are to judge?

その悪人を、あなたがたの中から除いてしまいなさい。

 God judges those outside. “Purge the evil person from among us.

---------------------

(コリント人への第二の手紙11章12〜15節)

 2CORINTHIANS 11 12-15

しかし、わたしは、現在していることを今後もしていこう。

 And what I am doing I will continue to do,

それは、わたしたちと同じように誇りうる立ち場を得ようと機会をねらっている者どもから、その機会を断ち切ってしまうためである。

 in order to undermine the claim of those who would like to claim that in their boasted mission they work on the same term as we do.

ぎないからである。

 For such men are false apostles, deceitful workmen, disguising themselves as apostles of Christ.

And no wonder, for even Satan disguises himself as an angel of light.

だから、たといサタンの手下どもが、義の奉仕者のように擬装したとしても、不思議ではない。彼らの最期は、そのしわざに合ったものとなろう。

 So it is no surprise if his servants, also disguise themselves as servants of righteousness.
Their end will correspond to their deeds.

---------------------

(箴言27章6節)

 PROVERBS 27  6

愛する人の与える傷は忠実さのしるし

 Faithful are the wounds of a friend;

憎む人は数多くの接吻を与える。

 Profuse are the kisses of an enemy.

---------------------

(ヘブル人への手紙3章12〜14節)

 THE LETTER TO THE HEBREWS 3  12-14

兄弟たちよ。気をつけなさい。あなたがたの中には、あるいは、不信仰な悪い心をいだいて、生ける神から離れ去る者があるかも知れない。

 Take care, brothers, lest there be in any of you an evil, unbelieving heart, leading you to fall away from the living God.

あなたがたの中に、罪の惑わしに陥って、心をかたくなにする者がないように、「きょう」といううちに、日々、互に励まし合いなさい。

 But exhort one another every day, as long as it is called “today,” that none of you may be hardened by the deceitfulness of sin.

もし最初の確信を、最後までしっかりと持ち続けるならば、わたしたちはキリストにあずかる者となるのである。

 For we have come to share in Christ, if indeed we hold our original confident firm to the end.

---------------------

皆さんに神様からの祝福がありますように。

May the blessings from God fall on you

コメント

Copied title and URL